ITによる営業支援システムを導入するメリット

営業支援をITで行うSFAは、端末からログインした瞬間に、その便利さが分かります。これは導入する製品により違う場合もありますが、SFAへログイン後は、そのトップページからだけでも多くの情報が確認できる場合があります。そこには一週間分など、本人のスケジュールが分かり易く表示されており、更に自分が属するチームの日程も同時に確認できる場合もあります。また、新着情報の確認やコメントなど、多くの情報がトップページのみでも確認可能です。更にアラート機能が付与されているシステムでは、訪問が長期間無い営業先を警告してくれるなど、まさに営業支援を効果的に行ってくれます。その為、このトップページの情報だけでありましても、営業支援システムたるSFAを導入するメリットを見て取ることができます。本日の営業では何をすれば良いのか、このシステムではそれが極めて把握し易くなっています。

ノウハウや活力の向上にも寄与する営業支援システム

ビジネスで営業支援システムを導入致しますと、色々なことができるようになります。営業日報の作成が携帯機を含む各IT端末で可能となり、その管理に役立てられることは広く知られた利点でもあります。しかしその他でありましても、コメントなどによるやり取りも行えるようになります。それは上司からの場合だけではなく、他の営業人員からのコメントも可能となっています。その機能を使用致しますと、助言を相手に伝えることを始め、励ましのコメントや、契約に至った場合では賛辞を送れるなどの、コミュニケーションツールとしても活用可能になっています。助言やノウハウの伝達以外のそうしたコミュニケーションでありましても、時としてそのコメントは、営業活力向上に大きく寄与する場合があります。その為その様な観点からも、しっかりと営業支援をしてくれるシステムになっています。

中小企業が営業支援システムを導入するメリットとは

中小企業の営業マンというのは、少人数で多くの分野の仕事をこなしており、一人ひとりが個人商店のようなスタイルで、会社に利益をもたらしているという場合がよくあります。会社側としては、営業マンがどのような情報を持っていて、どのように取引をしているのかといった細かい点までは把握しきれていないこともよくあります。そんな中で、営業マンが急に会社を辞めてしまったとしたら、その営業マンだけが持っていた個人的な営業ノウハウが全くなくなってしまうことになり、企業にとって大きなロスを生むことになります。そこで、営業マンが持っている、貴重な情報を会社の財産として上手く活用するためには、営業支援システムの導入が大いに役立ちます。営業支援システムを活用することによって、営業活動の現状をリアルタイムで把握できるようになり、課題が明確になります。その課題を経営者、管理職、営業マンそれぞれが共有すれば、各自の行動計画も立てやすくなり、企業の経営を一気に効率化することができるようになります。

営業マンがSFAに進捗を入力してくれない。どこの企業も抱える悩みですが、営業支援のネクストSFAが解決します。 営業支援システムは数多くあれど、ネクストSFAほど初めてのSFAにぴったりなものはありません。 SFAはSalesForceAutomationの略で日本語でいうと営業支援システムとなります。元々アメリカで生まれた概念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

営業支援を導入するメリット